細胞レベルでの修復効果を持ち、アレルギー反応など悪影響を起こさず、飲めるほど人体に安全な水②

こんにちは!出雲の理容室Lithium(リチウム)の土江です(^^)

今日は、先日ご紹介した『テラヘルツ機能水』について補足説明したいと思います!

よく、業界内でも水系のものって怪しい…と言われます。僕もそう思います(笑)

でもこの水は理論的にもちゃんとしてますし、証明もされています。

そして何よりもちゃんと結果が出ます!それは僕が使うたびに実感しています。

ここでは普段、お客様になかなかお伝え仕切れない部分を伝えていきたいと思います。

※ちょっと理屈っぽい話になるので嫌いな人は飛ばして下さい!(笑)

では、テラヘルツとは何か?まず、下の画像をご覧下さい。

画像の表を見てもらうと分かりやすいと思います。

簡単に言うと光と電波の間の電磁波というのがテラヘルツ波というもので、それがたんぱく質と水に作用するということです。

細胞には水が含まれています。それは髪の細胞でも同じです。健康な髪だと乾かしても12~14%くらいの水分が含まれています。

髪が、カラーやパーマなどでダメージを受けるとこの水分量が減ります。そうすると、細胞が乾燥してカラカラになりしぼんだような状態になります。

そうなると細胞同士の間に隙間ができることによって手触りが悪くなったり、どんどんダメージしていく原因となります。これがダメージを受けている状態です。

では、水を与えてやれば良いのではないかと思われると思います。

ですが、痛んだ髪の毛を水に浸けたら髪が綺麗になるのでしょか?そんなことないですよね!

乾かせばまた同じように、ガサガサ・バシバシの毛に戻るだけです。

なぜでしょう?それは痛んだ髪にはたんぱく質と水分をくっつけている接着剤のようなものが無くなっているからなんです。

その接着剤のようなものというのが電子です。

テラヘルツ波というのはたんぱく質にその電子をもう一度与えてくれます。なので、水分がたんぱく質とくっつくことができます。

カラカラになっていた細胞が潤いを取り戻し、しぼんでいた細胞が元の形に戻り、細胞間の隙間をうめてくれて、健康な髪の状態に導いてくれます。

髪の話でしたが、体の細胞も同じです。肌につけた場合には更に、アンチエイジング効果も沢山あります!

なんとなくわかってもらえたでしょうか?

もっと細かいことは沢山あると思いますが、概ねこんな感じ(のハズ)です。

ちなみにこの効果は18時間続き、その間ずっと修復し続けてくれます。

というようにご説明させて頂きましたが、実はまだまだ沢山の効果などあります!が、説明してしていくとキリがありませんし、メカニズムの詳細は下記のURLからHPに飛んで頂くともっと詳しく載ってますのでそちらをご覧下さい↓

http://www.santamineral.com/

次回は具体的にどんなものかお伝えしたいと思います!それでは!

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事